ピアノの部品数はどれくらいあるの?

ピアノは主に木材でできていますが、木材のほかにも金属やフェルト、合成樹脂や塗料など多くの素材からできています。
ピアノの部品の数も大変多いです。
部品の数は、アップライトピアノ1台で約8,000個、グランドピアノ1台では約10,000個もあります。
その辺のちょっとした機械よりも断然多いのが分かるでしょう。
それから、木材やフェルトは温度や湿度に左右されやすいので、定期的にメンテナンスする必要があります。
さらにピアノを良い状態で保持するために、設置場所には注意が必要です。
ピアノの鍵盤を指で押すと音が出ます。
音が出る仕組みは、指で鍵盤を押すとハンマーが跳ね上がって、ハンマーが下方から弦を打って振動を起こさせて音が鳴るようにできています。
ハンマーが弦を打つだけでは大きな音を出すことはできないのですが、弦の振動が響板に伝導し、空気が振動することでピアノの音が出るようになっています。
いわば、響板はスピーカーのような役割を果たしているのです。
以上の音が出る仕組みは、アップライトピアノでもグランドピアノでも同様です。
両者の大きな相違点は、弦の張り方が縦か横かです。
この弦の張り方がピアノの大きさに関係しているのです。
ピアノは音の強弱を出すことができる楽器として開発されました。
一番大きな音は100デシベル以上出せます。
すぐわきを電車が通過したときの音量に相当するそうですから、かなりの音量ですね。
ピアノに関していろいろなことが分かってくると、改めてピアノの凄さに驚愕するかも知れません。
ピアノがどうして高価なのか納得できるというものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノの買い取り相場を知るにはどうするの?

何かの事情や引っ越しなどで手持ちのピアノを手放すことになったときには、単に捨ててしまうよりも買い取りに出す方が良いでしょう。
ピアノは高価な買い物です。
グランドピアノだと300万円以上はしますし、アップライトピアノでも200万円以上する高価な楽器です。
なおかつ需要はたくさんあるので、たいていの場合は買い取りが成立してお金に換えることができます。
自分の思い出の沢山詰まったピアノが、単に捨てられてしまうのは悲しいでしょう。
それに自分の手元を去っても、また誰かに弾いてもらえる方が嬉しいはずです。
ピアノの買い取りの話に戻りますが、どこに買い取りに出すかで、査定額は大きく変動します。
当たり前かも知れませんが、買い取りに出すときには相場を知らないと損してしまうこともあるので、たとえすぐに手放す予定がなかったとしても、ピアノの買い取りの相場を知っておくのは良いことです。
ただし、ピアノの査定額は、作られた年代や状態によってずいぶん異なりますから、一律でいくらとはいえません。
どのようにして相場を知ることができるかというと、じっさいに自分のピアノを一括査定サイトで査定してみると分かります。
一度に複数の業者から査定結果が出るので大変便利です。
一括査定サイトは、何点かピアノに関する情報を入力すると、入力結果をもとにして各々の買い取り業者から査定結果が届くようにできています。
複数の業者を比較することで、どこが一番高く買い取ってくれるのか、平均的な査定価格はいくらなのかが分かります。
また、買い取りが不可能な場合や値段が付かないケースなども事前に分かります。
一括査定サイトを利用したからといって、必ずピアノを売却しなければいけないわけではないのです。
自分が納得したら買い取ってもらえば良いですし、試しに査定してもらうだけでも一向に構いませんから、気軽に利用してみると良いでしょう。
また、査定金額のほかに、ピアノの送料なども考慮する必要がありますから、自宅の近くの買い取り業者などにも相談しながら、最終的な判断を下すとベストです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノの消音機能の欠点は?

ピアノには、ヘッドホンを通して音が聞こえる機能を付けることができます。
外に漏れる音は確実になくなるのですが、音色が全体的に変化してしまうというのが正直なところです。
音が変化してしまうのは、ヘッドホンを通して聞くからということもあるでしょうが、音の響き方や音色が全く違って聞こえてしまいます。
それから、電子ピアノでも同様ですが、たとえ消音機能を付けていたとしても、鍵盤を押すときのカタカタ音は消えないので、場合によってはこの音が家族などの迷惑になることがあるかも知れません。
とくに深夜は注意する必要があるでしょう。
仕方ないといえばそうですが、パソコンのキーボードを叩くカタカタ音も時として騒音になることもありますよね。
お互いが注意しながら気持ちよく使いたいものです。
また、ヘッドホンを付けて長い時間練習していると、耳の周りにべたっと汗をかいてしまい、練習に集中できない人もいるようです。
夏場の暑いときや、汗をかきやすい人は気になることが多いでしょう。
エアコンを調節したり、小まめに拭き取って練習するしか対策はないかも知れません。
それから、消音機能が付いているのを良いことにして、けじめなく時間を気にせずにずっとピアノに夢中になってしまうのも考えものです。
子供にピアノを弾かせるうえでは、あまり良くないでしょうし、ピアノを利用するときのマナーを覚えられないのです。
なので、消音機能を子供には使わせないで、夜の7時になったらピアノには一切触らないという規律を決めている家庭もあるようです。
しかし、なぜか子供たちはヘッドホンには興味があるようで、親に黙って使うこともあるでしょう。
黙認する親も多いでしょうが、消音機能を壊されたら困ると思っている方もたくさんいます。
消音機能をつけるのにもかなり値が張るので、壊されないように時には厳しく言いつけることも必要かも知れませんね。
消音機能は便利なのですが、意外なところに欠点があるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノの引っ越し関連費用について

ピアノの引っ越しはかなり大変です。
いろいろな人の体験談がそれを物語っています。
子供のために実家からアップライトピアノを運ぶことにした人がいました。
そのとき、大手の引っ越し会社に依頼することになったそうですが、ピアノの引っ越しは、提携先のピアノ専門業者が請け負うことになっているからという理由で、そのほかの家財道具とは日程が別になってしまったそうです。
ピアノ用として見積もりは別に取られたので、結果的に大手の引っ越し会社に依頼した意味はあまりなかったそうです。
話は変わって、業者から引っ越しに関する打ち合わせがあるときには、以下のことについて確認されますので、事前に答えられるようにしておくとスムーズです。
1.引っ越し日時
2.ピアノの種類(グランドピアノかアップライトピアノかなど)
3.ピアノ搬入時の状況(どこから入れたか、クレーンを使用したかなど)
4.現在のピアノの置き場所
5.搬入先でのピアノの置き場所
以上が決定していないと、業者としても困ってしまうケースもありますので、あらかじめ決定しておきましょう。
引っ越し当日は、ピアノの様子を見たらすぐに運搬経路を確認して引っ越しの作業を始めるかというとそうでもありません。
運搬前にピアノの状態を点検することからはじめることが多いです。
あまり使用していないピアノでは、中に湿気がたまってカビが生えていることも多いようで、このまま動かすとさらに傷みが広がる恐れがあります。
音も悪くなりますから、事前にクリーニングからはじめることもあるでしょう。
この場合はさらに別途料金が発生することになります。
運搬作業が始まると、プロの仕事は大変スムーズに運んでいきます。
アップライトピアノでも200から300キログラムありますが、部屋を傷つけずに10から15分くらいで作業は終了します。
それから、引っ越し先の新居に搬入する際に、ピアノのインシュレーターが壊れているときには、買い換えが必要になってくることもあるでしょう。
またあまり使っていないピアノならば、音程を合わせるために調律師に足を運んでもらって調律してもらうことになります。
調律は定期的に半年から1年に1回程度は行うものですが、これだけで数万円はかかります。
引っ越しの費用も鑑みると、かなりの費用がかかることになります。
ピアノの引っ越しは、以上のようなことが重なり、数十万円はかかると思っておいた方が無難です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノの移動にはどのくらいの料金がかかるの?

ピアノはとても重たいのは皆さんご存知でしょうが、では実際にどのくらいの重さがあるのでしょうか?
正解は、アップライトピアノでも200から250キログラムあり、家庭用の小型のグランドピアノで300から350キログラムほどです。
このくらいの重さがあると、引っ越しなどでピアノを移動させる場合、さすがに自分の力で動かすのは無理でしょう。
平面に置かれていればまだしも、家は案外凹凸が多いので、なかなか上手く移動するのは難しいはずです。
それから、ピアノは大変デリケートな楽器ですから、わずかな振動が加わっても音色が変化してしまうこともあるのです。
ピアノの移動には神経を使いますね。
ですから、自分の力でピアノを運んで引っ越しさせるというのはまず不可能です。
運送会社や引っ越し業者など専門家に引っ越しをお願いすることになりますが、ピアノの運搬はオプション料金を取られることになるでしょう。
少々のオプション価格なら仕方ないでしょうが、数万円単位で費用がかさんでしまうため、ある程度の出費を覚悟した方が良さそうです。
大手の引っ越し会社の場合では、移動距離によって料金が変わってくるケースも多く、車で5分程度の近所の移動でも4万円前後の値段がして、運ぶ距離がちょっと長くなると10万円程度かかるようです。
また、移動だけでなく、引っ越し先がマンションなどの上層階の場合、階段やエレベーターを使ったり、さらにはクレーンなどを利用して運ぶ場合には、もっと料金がかかってくるでしょう。
引っ越し先でも今のピアノを使用したいときには、出費は覚悟の上かも知れませんが、もうあまり弾くことがないのであれば、多額のお金を出してまでピアノの移動をするべきなのか、一度充分に考慮する必要があるでしょう。
引っ越しするときには、ピアノを運ぶ必要があるのかどうか、充分に検討してください。
それでも、運送会社等に運んでもらう際には、業者の選択は非常に重要です。
業者によって運搬の料金やサービス、ノウハウなどが全然異なりますから、こちらも充分に考える必要があるのです。
引っ越しの時にはなにかと慌ただしいものですが、せっかくのピアノを駄目にしないためにも、大切なポイントですので、時間を割いて決めるようにしてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ