どのような種類のピアノが売れるのか?

どのような種類のピアノが売れるのか事前に知っておくと、いざピアノの売却を考えたときに役に立つものです。
今回は、ピアノの種類についてご紹介しましょう。
■グランドピアノとは
多くの人がピアノと聞いて想像するのはグランドピアノでしょう。
置き場所も広くないといけませんし、値段も高いですから、ピアノに対する思い入れの強い人やプロのピアニストなどが所持しているケースが多いです。
グランドピアノの大きさは、奥行きが150センチメートル程度のミニグランドから、奥行き270センチメートル程度のコンサートピアノまでいろいろあります。
グランドピアノの独特の形は、弦の形が低音部分は長くて、高音部分は短いことから生まれます。
グランドピアノはアップライトピアノよりもいろいろな音を出すことができ、音の強弱も繊細に出すことができて、バランスの良いピアノです。
グランドピアノの左ペダルはシフトペダルと呼ばれていて、音の雰囲気を変化させることが可能です。
アップライトピアノの場合は、左ペダルはマフラーペダルと呼ばれていて、音を柔らかくすることが可能です。
グランドピアノの中央ペダルはソステヌートペダルと呼ばれていて、踏むと直前に出した音に伸びを出す効果があります。
アップライトピアノの場合は、マフラーペダルと呼ばれていて、音量を小さくする効果があります。
右側のペダルはダンパーペダルと呼ばれていて、グランドピアノもアップライトピアノも同じです。
鍵盤から手を離しても弾いた音が伸びる効果があります。
■アップライトピアノとは
グランドピアノよりも小型なのがアップライトピアノです。
狭い場所にでも設置しやすい形状をしているので、学校や一般家庭など、いろいろなところで利用されています。
アップライトピアノは普通縦型にできていて、フレームと弦は、床面と垂直になるようにできています。
アップライトピアノの背の高さはいろいろで、112から131センチメートルまであります。
アップライトピアノは、グランドピアノと同じような鏡面つや出しした黒塗りタイプから自然の木目を生かしたタイプなど、外観も好みで選べますから、これも人気のひとつの要因になっているのでしょう。
■電子ピアノとは
近年出回るようになった電子ピアノは、デジタルピアノやエレクトロニックピアノと呼称されることもあります。
電子ピアノは、グランドピアノの音色を電子データ化した音を出します。
このため、グランドピアノやアップライトピアノのように、設置場所の温度や湿度の影響を受けることがありませんから、常に同じように正確な音を出すことが可能です。
管理しやすいのが利点といえるでしょう。
電子ピアノは音の調節が自由にできますし、値段も安く、持ち運びにも手間取らないためにとても人気が出ています。
また、イヤホンを付けて使用すれば外に音が漏れることもないので、周りを気にしないで練習することができます。
ピアノの練習をする場合、いくら美しい音色でも騒音になる場合もありますし、練習の時間帯を気にしなければいけませんから、イヤホン付きで演奏できるのはかなりの利点といえるでしょう。
電子ピアノの種類によっては、ほかのピアノや違う楽器の音にアレンジして演奏できるタイプもあります。
■エレクトーンとは
エレクトーンは、ヤマハが作っている電子オルガンの商品名です。
エレクトーンはヤマハの登録商標となっています。
上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤と、エクスプレッションペダル、セカンドエクスプレッションペダルが備わっています。
リズム機能が搭載された上位モデルもあり、伴奏面が充実するでしょう。
今は、ステージア、ステージアミニ、D-DECKなどのモデルが売られています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

買い取り不能なピアノは、どんなピアノ?

ご家庭にあるピアノが要らなくなって、売却したいと思うことがあるでしょう。
そんなとき、一体どのようなピアノは売却できて、どのようなピアノだと売却不能なのでしょうか?
以下に簡単にまとめたので参考にしてください。
■年式について
中古ピアノ買い取り店のサイトなどの情報からすると、ピアノの年式についてはさほど問題にならないようです。
ピアノを買ってからすぐに売ろうと考える人はあまりいないので、買ってから何年も経っているのは当然かもしれません。
たいていの場合、ピアノが製造された年から30年経過したものくらいまでは、買い取りに際して値段がつくようです。
しかし、30年以上経過したものについては、査定額がつかない場合が多いでしょう。
このような査定の基準はあくまで一例であり、業者によりけりですから、たった1社で見積もりを出してもらってそれで納得しないで、複数の買い取り業者に査定を依頼した方が良いでしょう。
買い取りの対象外になってしまったピアノでも、業者によっては無料で回収して処分してくれるところもあるようです。
不用品回収に出すとお金がかかるところが多いですから、これだけでもお得ですよね。
買い取り対象外になったピアノの処分に関しては、メーカーやモデルにかかわらず一律で扱うところが多いようです。
■傷や故障について
普段の生活でついてしまうような小さな傷に関しては、さほど気にする必要はありませんが、美しい状態であればあるほど良いに越したことはありません。
それから、鍵盤の持ち上がりが少々悪いなどの機能的な面での故障に関してですが、これもさほど査定額には響かないようです。
買取の後、ほとんどの場合はフルでメンテナンスを行ってから売りに出しますので、あまり気にしなくても良いのでしょう。
でも、目立つ大きな傷があるケースや、外装の塗装がはげてしまっているようなピアノは、査定金額が下がります。
また、内部の損傷に関しては、査定額が下がる原因になります。
以上のような基準も、やはり業者によってまちまちですから、複数の業者に査定を依頼して、一番高く買い取りをしてもらえる店に売った方が得策です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

買い取りに出したピアノはどうなる?

ピアノは子供の習い事の定番ですが、なかでも特別な感じがしませんか?
習字やソロバン、スイミングや英会話などさまざまな習い事があるなかで、ちょっと高級感があるように感じます。
ピアノが子供の習い事として選択されるのは、できるだけ早い時期からピアノを習わせると音感が鍛えられるとか、音楽の基本的な知識を身に付けたいなどの理由からでしょう。
学校に上がる前から楽譜が読めるとやはり良いですよね。
それに、情緒面でも安定した子供になるといわれています。
子供がピアノを習い始めるとともに、自宅でもピアノを買う方が多いですが、日本全体で流通しているピアノの数はなんと約1,000万台ともいわれているのです。
でも、この1,000万台のピアノのうち約70%は、家の中でインテリアのようになってしまい、誰にも弾かれずに遊んでいる状態だそうですから、とても残念な話ですね。
たとえ自分の思い出のピアノであっても、インテリアになっているくらいなら、買い取りに出して新しいオーナーのところで存分に弾かれた方が良いのではないでしょうか。
ピアノが買い取りに出された後は、最初に解体されて調律や部品交換などのメンテナンスを受けます。
もとのような快適な状態になったところで、中古市場で流通するようになるのです。
中古品のピアノはもちろん新品のピアノよりも安く買うことができますから、需要が高まってきているようです。
子供が習い事をはじめたから高価なピアノを購入しようと考えても、すぐに止める恐れもありますし、わざわざ新品のピアノを買わなくても、リユース品で充分と思う方も多いのでしょう。
それから、日本で買い取りされたピアノは、そのまま国内で流通するよりも、海外に輸出する方がじつは多いのです。
アジアや欧米などいろいろな国に輸出されますが、近年中国では日本製のピアノの需要が高まっていて、日本製というだけで高く売れるようになっているようです。
このようにみていくと、家でインテリアになっているピアノを買い取りに出した方が良い選択だと思えてくるでしょう。
せっかく充分に演奏されるためにこの世に誕生したのに、家で眠ったままになり、引っ越しの際にはお金がかかると嫌がられてしまうのでは、ピアノとしても本望ではないでしょう。
世界中にはそうしたピアノを求めている人たちがいますし、メンテナンスもきちんと行ってもらえますから、ピアノを買い取りに出すのはむしろ良いことなのでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

買い取りに出したピアノはその後どこに行くのか?

今では家の中で眠ったままになっているピアノであっても、家族にとって思い入れの深い大切なものであることに間違いありません。
このような思い出いっぱいのピアノを手放す理由は人それぞれでしょうが、買い取りに出すことを決心するときも、必ずしも単純に要らなくなったからという理由だけではないでしょう。
どうしても手放さざるを得ない状況で泣く泣く買い取りに出した場合には、その後の行方がとても気になるものです。
家族に買ってもらったピアノだったら、その人に対して申し訳ないと感じることもあるでしょう。
買い取りに出されたピアノは、その後大切に扱ってもらえることが多いようです。
傷があればしっかりと修復され、汚れも落としてピカピカになります。
壊れた部品があれば交換されますし、音に関してもしっかりと調律されます。
そのまま国内の中古市場で流通されるピアノもありますが、じつは海外での方が日本の中古品のピアノの需要は高いのです。
はるばる海を渡って、新しいオーナーのところで活躍しているのですね。
自分の大事にしていたピアノが、海外の全く知らない人のもとで活躍していると考えると、何だか嬉しくてちょっと不思議な感じがしませんか?
遠い日の大切な思い出が沢山詰まったピアノだからこそ、たとえ自分が弾かなくても、新しい命を吹き込まれて存分に活躍している姿を想像するだけで胸一杯になるのではないでしょうか。
単にものと考える人もいますが、ピアノは楽器ですから、音を出して弾いてもらうことがピアノにとっても最良なのでしょう。
買い取りに出されて誰か別の人のもとへ行くのは、不幸なことではありません。
このように考えると、買ってくれた人やピアノに対して申し訳なく思う気持ちも、ちょっとは軽くなるでしょう。
いろいろな場面で活躍する姿を想像して、ホッとした人も多いのではないでしょうか。
あまり知っている人はいないでしょうが、ピアノの買い取り業者の中には、売り主の気持ちを考慮してくれて、買い取りしたピアノの行方をある程度教えてくれるサービスをしている業者もあるのです。
自分のピアノの行方が気になるのなら、ダメでもともとと思って、聞いてみると意外にもすんなり分かるケースもあるかも知れませんね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

電子ピアノへ買い換える場合

生のピアノと電子ピアノでは、どうしても差があります。
電子ピアノはピアノの音を模したものですが、音は再現できたとしてもそのほかのことは上手く再現できないものです。
鍵盤の感触やタッチ、鍵盤の反応の仕方、音の響き方などは、電子ピアノではやはり再現できません。
生ピアノから電子ピアノへ買い換えを考えているときには、後悔しないように、じっさいに充分楽器屋で試し弾きをして、慎重に決める方が良いでしょう。
今のところ、電子ピアノはカワイ・ヤマハ・カシオ・ローランド・KORGなどのいろいろなメーカーから発売されています。
メーカーごとに少々異なる点があるので、購入前に自分にふさわしいメーカーを確認しておくと良いでしょう。
電子ピアノは値段の方もさまざまあり、安いモデルなら3万円程度からありますし、高価なものになると数十万円するものもあります。
子供用の鍵盤の数が少ないキーボードでは、数千円から買えるようになってきています。
電子ピアノを買うときには、事前にさまざまなピアノの中から選択するためのポイントを絞っておくと良いです。
予算や機能、品質はもちろんですが、ピアノのような音色を重視するのか感触を大切にするのかなどを良く考慮して、自分好みの電子ピアノを絞り込んでから買うようにすると、きっと後悔しないことでしょう。
電子ピアノは中古品も多く出回っているので、新品にこだわらなければもっと予算は少なくてすみます。
中古品だとその分耐用年数が少なくなりますが、充分メンテナンスしながら使うと電子ピアノは10年近く使えるので、中古でも数年はトラブルなく使えるはずです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ