ピアノの移動にはどのくらいの料金がかかるの?

ピアノはとても重たいのは皆さんご存知でしょうが、では実際にどのくらいの重さがあるのでしょうか?
正解は、アップライトピアノでも200から250キログラムあり、家庭用の小型のグランドピアノで300から350キログラムほどです。
このくらいの重さがあると、引っ越しなどでピアノを移動させる場合、さすがに自分の力で動かすのは無理でしょう。
平面に置かれていればまだしも、家は案外凹凸が多いので、なかなか上手く移動するのは難しいはずです。
それから、ピアノは大変デリケートな楽器ですから、わずかな振動が加わっても音色が変化してしまうこともあるのです。
ピアノの移動には神経を使いますね。
ですから、自分の力でピアノを運んで引っ越しさせるというのはまず不可能です。
運送会社や引っ越し業者など専門家に引っ越しをお願いすることになりますが、ピアノの運搬はオプション料金を取られることになるでしょう。
少々のオプション価格なら仕方ないでしょうが、数万円単位で費用がかさんでしまうため、ある程度の出費を覚悟した方が良さそうです。
大手の引っ越し会社の場合では、移動距離によって料金が変わってくるケースも多く、車で5分程度の近所の移動でも4万円前後の値段がして、運ぶ距離がちょっと長くなると10万円程度かかるようです。
また、移動だけでなく、引っ越し先がマンションなどの上層階の場合、階段やエレベーターを使ったり、さらにはクレーンなどを利用して運ぶ場合には、もっと料金がかかってくるでしょう。
引っ越し先でも今のピアノを使用したいときには、出費は覚悟の上かも知れませんが、もうあまり弾くことがないのであれば、多額のお金を出してまでピアノの移動をするべきなのか、一度充分に考慮する必要があるでしょう。
引っ越しするときには、ピアノを運ぶ必要があるのかどうか、充分に検討してください。
それでも、運送会社等に運んでもらう際には、業者の選択は非常に重要です。
業者によって運搬の料金やサービス、ノウハウなどが全然異なりますから、こちらも充分に考える必要があるのです。
引っ越しの時にはなにかと慌ただしいものですが、せっかくのピアノを駄目にしないためにも、大切なポイントですので、時間を割いて決めるようにしてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノのレッスン形態について

ピアノのレッスンを習い事として行うときには、何点か考慮すべきポイントがあります。
今回は、ピアノのレッスンについてみていきましょう。
ピアノの教室は、楽器店や音楽メーカーが行っている教室なのか、個人の運営する教室なのか、自分の家へ訪問してくれるタイプの教室なのかで違いがあり、それぞれに長所と短所があります。
最初に、グループレッスンの長所と短所をみていきましょう。
グループレッスンですと、レッスン料は個人レッスンよりも安く通えます。
さらに友達もできるでしょうし、大勢で楽しく演奏ができるでしょう。
ただし、たくさんの人数で練習するために、電子ピアノを利用するケースもあるでしょうし、周囲に合わせて個人のペースで練習できないために、自分の弱点を直すことが難しかったり、ピアノの上達は個人任せとなってしまうケースも多いのです。
次に個人レッスンのケースでは、グランドピアノでレッスンできることが多いのが利点です。
生徒個人個人のクセや弱点を踏まえて、しっかりとした指導を受けることができます。
自分のペースで練習をすることができますし、先生と自分以外は誰もいないので、他人に対する変なプレッシャーを感じることもないでしょう。
気が散らないので、レッスンは集中して行うことができるでしょう。
レッスン料に関しては、グループレッスンと比較して高めになるのが難点です。
それから、先生との相性は非常に重要です。
先生と二人きりになって長い時間を過ごすため、人によってはすぐに通うのを止めてしまうことにもあるでしょう。
また、楽器店などが主催する教室にレッスンを受けに行くときには、練習の日時変更が難しいという短所がありますが、同じ楽器店に所属するほかの先生に変更することもできますので、このような点は長所といえるでしょう。
個人経営の教室では、ほかの教室と比較すると時間に都合が付きやすいので、忙しい方には向いているかも知れませんね。
以上のようにさまざまな長所と短所があるので、自分や子供のピアノの練習をするときには、最良の方法を見つけてください。
おすすめサイト  http://rise-mens.com/ メンズマガジンのサイトです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノのメンテナンスの方法とは?

定期的にお手入れすることで長く使える楽器がピアノです。
万が一売却するにしても、メンテナンスが行き届いた状態が良いピアノの方が高額で査定してもらえます。
なので、お手入れはきちんと行っておいた方が良いのです。
ピアノのお手入れは、業者に頼んでやってもらうものと自分でできるものがあります。
【自分で行うメンテナンス】
■掃除をする
一番基本的なものは掃除です。
表面の汚れは、柔らかい素材のものを使って落とします。
市販の楽器用に作られた布もありますし、クリーナーやハンディモップで丁寧に拭き取ってください。
なかでも油汚れは時間が経過すると落ちにくくなってしまうので、こまめに掃除すると良いでしょう。
■温度・湿度の管理
ピアノは木や皮で作られていますから、設置場所の温度や湿度の変化によっても状態が悪くなります。
ピアノに良い環境は、気温は15から25度で、湿度は50から70%です。
なので、お天気の日には換気してあげると良いのです。
■換気をする
ピアノの屋根は閉じておくことが多いでしょうが、このままだと風通しが悪くなってしまいます。
虫がわきやすくなってしまいますから、ときどき換気してあげることが大切です。
換気はお天気の日にするようにしましょう。
■音の管理
音の管理といっても、調律をするわけではなくて、すべての鍵盤の音を出してあげることです。
毎日ピアノを弾いていたとしても、よく使う鍵盤とあまり使わない鍵盤とでは、状態が変化してしまいます。
あまり使わない鍵盤は傷みやすいので、定期的にすべての鍵盤を押すようにしてください。
ときどきすべての鍵盤を押してあげるだけで、ピアノをグッと長持ちさせることができるのです。
【業者に依頼するメンテナンス】
■定期的に調律する
調律は基本中の基本です。
半年から1年に1回程度、調律師に頼んでピアノの調律をしてもらいましょう。
ピアノは天然の木や皮からできていますから、環境が変化したり経時変化で音にずれが生じてきます。
ピアノの弦の1本にかかる張力は約90キログラムといわれ、ピアノ全体ではなんと20トンの張力がかかっているのです。
いくら大型の機械でも、このような力を長い間維持することはできません。
なので、定期的にお手入れすることは大切なのですね。
■オーバーホールについて
ピアノの部品を新品に交換する作業のことをオーバーホールと呼んでいます。
交換する部品は、弦やハンマー、ダンパーフェルト、調律ピンなどを含みます。
オーバーホールすることで、ピアノを買った当時の音に近づけることができ、音色が美しくよみがえりますが、本体部分は経年変化は生じていますから、わずかな音の違いは出てしまいます。
■クリーニングする
外部だけでなく見えない内部まですべてクリーニングしてもらえます。
外部のクリーニングでは、傷があれば補修してくれる場合もありますし、全体をワックスで磨き、ペダルのくすみ取りなどをしてもらえます。
内部のクリーニングでは、ピアノを分解して中に入ったゴミや埃を取り除き、再び組み立てをしてもらえます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノに消音機能を付けることはできるのか?

アップライトピアノを買い取りに出して、代わりに電子ピアノを買おうと考えている人の中には、周囲への音漏れの影響を考慮している人も多いはずです。
住んでいる環境によっては、近所で騒音問題になってしまうケースもあるでしょう。
電子ピアノならばヘッドホンを使用すれば、時間帯を気にすることなく思いっきり弾くことが可能です。
ピアノの練習を一生懸命してる本人からすれば、近所迷惑どころか家族から嫌な顔をされたりすると、とてもガッカリするものです。
どんなに美しい音色で弾いていたとしても、同じところを何度も間違えたりすると、周囲もイラッとしてしまったりすることもあるでしょう。
関係無いことで八つ当たりされることもあるかも知れません。
家族の理解が得られないケースなどでは、ピアノを買い取りに出して代わりにそのお金で電子ピアノを買うのが一番の選択肢と考えるかも知れません。
しかし、じつは今あるピアノを買い換えないで、ピアノ自体に消音機能を付ける方法もあるのです。
消音機能とは、サイレントユニットや消音ユニットを取り付けることです。
手持ちのアップライトピアノに消音機能を付けることができたのならば、中央のペダルのマフラーペダルを下げた状態にすれば、ヘッドホンを通してだけピアノの音が出るようにすることが可能です。
ただし、音の響きなどはかなり変わってしまうことは否めません。
消音機能を取り付けるための価格ですが、結構値が張ってしまいます。
取り付け費用を含めて、割合安い製品でも10万円から20万円程度かかります。
手持ちの古いピアノに新たにこれだけのお金をかけるのは難しいと考える人もいるかもしれません。
しかし、新しくピアノを買う場合や、今あるピアノが気に入っていて手放したくない人にとっては、消音機能を取り付けるのも良い選択でしょう。
それでも、やはりピアノを買い取りに出してちょっと高めの電子ピアノを購入するのも悪いことではありません。
ピアノを買い取りに出す前に、このような方法もあると覚えておくだけでも役に立つでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

終身保険について

生命保険に未加入の方でも、終身保険と言う言葉は耳にした事があると思います。
しかし、終身保険の意味を何となく理解出来たとしても、具体的には知らないと言う方が意外に多いのではないでしょうか。

■終身保険について

終身保険と言うのは、一定期間もしくは一生涯保険料を支払い続ける事により、死亡するまで保障してくれる保険の事です。
保険の種類には、掛け捨てタイプのものもあり、保険期間が終了してしまうと、その後で死亡したり病気になったとしても保障されなくなってしまいます。
その点、終身保険は一生涯の保障があるため、ずっと保障があると言った安心感があります。
他の保険よりも保険料が高くなってしまうのがデメリットではありますが、それでも一生涯の保障があると言うのは心強い事ですし大きな魅力です。

■終身保険の特徴とは

・貯蓄性が高い。
終身保険の特徴は、貯蓄性が高いと言う事です。
商品によっては保険料として支払った金額以上に返ってくる場合もある解約返戻金と言うものがありますので、老後の資産を作る目的として終身保険に加入する方もいます。
但し、ほとんどの場合が、加入して3年以上経過しないと解約返戻金は受け取れないような仕組みになっていますので、その点は注意して下さい。

・加入時から保険料が値上がりしない。
終身保険の場合では、保険料がずっと加入時のままで、値上がりする事がありません。
保険料が途中で高くなってしまうと、予期せぬ出費として経済的にも大変になってしまう場合があるのですが、ずっと値上がりしないのであれば、そのような心配も不要です。

・一定期間か一生涯かを選ぶ事が出来る。
終身保険は、保険料を一定期間支払うタイプと一生涯支払い続けるタイプとの2種類から選ぶ事が出来ます。
ご自身の経済状況などに合わせて、加入するプランを選択出来るのは有難い事です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出産後の生命保険

生命保険は、ライフステージに変化があった時が一番の見直し時です。
出産は、女性の体に大きな変化が表れる為、保険を見直しする重要なきっかけになります。

○出産後の生命保険

わが子の誕生は、お父様もお母様も幸せに満ち溢れ、心も体も充実して幸せに満ち溢れていますよね。
そして、これからこの子を精一杯育て上げなければならないという不安もたくさんあると思います。
子供を育てるにはお金もかかります。
お子様が誕生すると、お金の問題は常につきまといます。
教育資金に関しては、計画性を持って確実に貯めていかなければなりません。
出産したら、必ず保険を見直すようにしてください。
以下にその際の注意点をご案内しておきます。

・死亡保障はできるだけ手厚くしておきましょう
死亡保障は、お子様が誕生したその時点が一番手厚く備えなければならない時期です。
お子様成長と共に保障額が減っていくタイプを選ぶ事をお勧めします。

・二人目、三人目も予定している場合は医療保障を検討しましょう
出産時、通常分娩の場合は医療保障は対象外になりますが、万が一帝王切開で出産される場合は、入院費、手術費を医療保険でカバーできる事があります。
帝王切開は女性にしか起こりえない為、女性疾病特約などの女性に特化した特約で保障される事が多いです。

・学資保険は慎重に検討しましょう
教育資金を貯めるために学資保険に加入される方も多くいらっしゃいますが、覚えておいてほしいのは、学資保険はそのほとんどが元本割れしてしまうという事です。
お金を貯める事だけを考えると、預貯金などで貯蓄することができれば問題ありません。
ただし、学資保険は保険の機能も備えていますので、保障がほしいという場合は加入しておいた方がよいでしょう。
PRサイト:高齢出産サプリメント

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ