ピアノを長続きさせるにはどうしたらよい?

子供にピアノを習わせることは脳科学的に大変良い効果があるといわれているので、お稽古事で人気があります。
しかしながら、子供が嫌がるのにむりやり習わせることはとてもストレスになり、かえって脳に良いといわれる効果が得られない結果になります。
科学的にいうと、脳にドーパミンが分泌されないのでこのような効果が得られないのです。
ドーパミンは興奮や快楽を感じたときに分泌されます。
ピアノを習わせている方の親としては、お金を払っているし、もっとピアノが上手になって欲しいと思っているので、つい頑張って練習しなさいといいがちですが、これでは逆効果になってしまいます。
ピアノの演奏をそばで聞いてあげて、ほめてあげれば、こどもはさらに頑張ろうと思いますし、何もいわれなくても練習するようになるものです。
ピアノを続けさせるためには、絶対に練習を強制しないことと、ほめてあげることが重要なのです。
日本人の特徴としてうわさ話などをするときに、謙遜して「うちの子はピアノの練習をちっともしない」とか「全然上手にならなくて困っている」などといいますが、このよう話を子供たちが聞いたときには、プレッシャーになったりやる気がなくなったりなど、子供たちの心にダメージを与えてしまいます。
たとえ1日に5分でも練習したらほめるくらいの気持ちでいた方が、子供たちはグッとやる気が出るものなのです。
やる気が出れば自然にピアノが上達します。
精神力がある大人の人だったら、毎日練習するのが当然なのかも知れませんが、子供たちは大人とは違うのだと分かってあげましょう。
それから、何でも親と一緒にやりたがるのが子供ですから、一緒に楽しんで弾いてあげたり、練習という認識ではなくて遊びの延長と考えて接すると、自発的に弾くようになるかも知れません。
それから、練習量は充分なのにあまり上達がみられない場合には、目標があいまいになっているケースがあります。
どのような曲をどのようなレベルになるまで演奏できるようにしたいのかはっきり自覚できるように、プロの音楽家の演奏ビデオを見たり、生のコンサートに連れて行くのも良い刺激になるはずです。
また、子供が弾きたい曲は、ジャンルを問わないで演奏させてあげましょう。
クラシックではなくてはダメ、などと範囲を限定するのは良くないのです。
そもそも音楽とは強制してやるものではなくて楽しむものですから、遊び心がないと長続きしないのです。
ピアノを継続していくにはさまざまなコツがありますが、ピアノを弾いていると楽しいという気持ちを失わせないようにすることが一番大切なのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノを習うメリットとは何か?

数ある習い事の中でもとくにピアノを弾くことは良いといわれています。
その理由は、演奏が上手くなったり音楽に関する感性が磨かれるだけではありません。
理由のひとつに、脳への効果が挙げられます。
じっさいに脳科学者の間では有名な話で、テレビなどのメディアでも取り上げられていることです。
ピアノは指を巧妙に動かしながら演奏しますが、ピアノを弾くことによって脳は刺激を受けるのです。
左手は右脳、右手は左脳に対してはたらきます。
とくに幼児期にピアノを弾くことは、右脳の発達を促すので良いとされています。
右脳は感情をつかさどっていて幼児期に発達がめざましいので、情緒豊かな子供に育つのです。
70%以上の人間は右利きだといわれているので、右手に比べて左手を使う機会は少ないです。
そのあまり使わない左手でピアノを弾くことにより、右脳が活性化されるのです。
それに、ピアノを弾いているときには単純に指を動かしているのではなくて、いろいろ考えて頭はフル回転状態です。
楽譜を先読みしながら目で追い、左右の指では各々が異なった動きをするように指示しなければいけませんし、耳では弾いた音を確認しながら記憶演奏をしているのです。
このようにみてみると、ピアノを弾いているときには一度にこれほどたくさんの仕事をしているのです。
左右の脳ともに充分に活性化された状態です。
このようなことから、脳科学者もピアノを習うことが子供に良い影響を与えるといっているのです。
楽譜を先読みすることで、先のことを考える能力が発達します。
先のことを考える能力は、日常生活をしている中ではあまり発達する機会がありません。
さらには、想像力がないと曲は理解できないでしょうし、暗譜することで記憶力も鍛えられます。
習い事を続けることで忍耐力もつくでしょうし、ピアノを通して情緒が豊かになったり落ち着いた性格になったりします。
そのうえ、リズム感や音感などの音楽的な基礎能力も身に付きますから、ほかの楽器を習ったり歌を歌うときにも大きな利点になるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノを高く売却したいときにはどうする?

今まで自分が大切にしていたピアノを手放すことになって、買い取りに出すことを決めたのならば、誰でもなるべく高く売りたいと思うのは当然でしょう。
自分の大切なものがそれなりに高価な価値があると査定されればやはり嬉しいですし、胸を張ってピアノを次の人に譲ろうという気持ちになれるでしょう。
ピアノの査定額は、以下のような条件で決まります。
アップライトピアノかグランドピアノかなどのピアノの種類、品番・製造番号・メーカーなどのピアノのモデル、製造された年、付属品の有無、保存状態や調律などのピアノのコンディションなどです。
ただ、ほとんどのケースでは、業者側で買い取ったピアノをメンテナンスしてより良い状態にしてから次のオーナーの元へ行くことになりますから、業者のメンテナンスの得意分野によっても査定額は大きく変動することになるのです。
というわけで、なるべく高く買取りしてもらいたいと考えたときには、いくつかのピアノ買い取り業者から見積もりをしてもらうと良いわけです。
でも、自分で買い取り業者を見付けるのは手間がかかりますし、複数の業者に1社ずつ査定を依頼するのはとても時間がかかって大変です。
このような場合には、インターネットを使ってピアノ買い取りの一括査定をすると良いのです。
一括査定サイトは無料で利用できますし、一度ピアノに関するいくつかの項目を入力してしまえば、複数の買い取り業者から査定結果が届く仕組みになっています。
このようなサイトを利用して、何件かの業者を比べれば、自分のピアノの相場がある程度分かります。
最終的に一番高い金額を出してくれたところに依頼するのが得策です。
一括査定サイトは、有名メーカーのヤマハやカワイなどのピアノのほかに、そのほかのメーカーのピアノであっても受付してくれるところがほとんどです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノはどうして88鍵あるのか?

ピアノの鍵盤はいくつあるかご存知でしょうか?
正解は標準で88鍵なのですが、ピアノが発明された当時の鍵盤の数は54鍵でした。
それから次第に鍵盤の数が増えていって、ピアノで表現できる音色の幅が時代とともに広がり、現在の88鍵になりました。
88の鍵盤で、7と4分の1オクターブを表現できます。
鍵盤の数が時代とともに増加していったのならば、88鍵よりも多くなっても良さそうなものですが、なぜ88鍵で落ち着いたのでしょうか?
これはあまり知られていないことですが、人間の耳の構造と関係しています。
人間の耳で聞こえる音の周波数には限りがあって、約20ヘルツから2万ヘルツの間といわれています。
この中できちんとした音程として聞くことができるのは、4,000ヘルツしかありません。
なので、鍵盤の数を膨大に増加させたとしても、音楽としては聞こえずに、単なるノイズとして聞こえてしまうのです。
結局、88鍵以上増やしても意味はなくなってしまうのです。
外国のメーカーの中には、97鍵のピアノを製造しているところもあるのですが、低音部分を伸ばして作っていても、この9鍵が演奏で使用されることはほとんどないそうです。
97鍵ある理由は、ほかの鍵を引いたときに、付け加えられた低音部分の9鍵の弦と共鳴することにより、音の響きが豊かになるからです。
演奏用の鍵盤ではなくて、演出上の機能なのです。
人間の音の限界まで開発されているのが現在のピアノであり、今後の開発や改良の進め方は、ピアノにどんな特性を持たせるかによってくるのでしょう。
しかし、ピアノ一台で何を表現するかは、無限大の可能性があるといって良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノの歴史について

ピアノは万人に愛される有名な楽器ですが、音楽の授業などでは楽器の歴史まで習うことはまれかも知れません。
有名な作曲家については一般の学校でも習う機会は多いですね。
今回は、ピアノの歴史についてみていきましょう。
ピアノはイタリアのチェンバロ製作家のバルトロメオ・クリストフォリという人物によって、1709年頃に作られました。
この頃は、貴族が自分たちのために楽器を作らせるのが流行っていたようです。
バルトロメオ・クリストフォリは、フィレンツェにあるメディチ家に仕えていました。
ここの王子がチェンバロに改良を加えるように言いつけたことが、ピアノ誕生のきっかけになったようです。
チェンバロの最大の難点である音の強弱を解決するのが目的だったのです。
バルトロメオ・クリストフォリは、チェンバロにハンマーアクションを加えて、音に強弱が付けられるように改良したのです。
なので、ピアノの正式名称は「クラヴィ チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」といいます。
この意味は、「強い音と弱い音が出るチェンバロ」です。
ピアノというのは「弱い」という意味の単語で、音楽を習ったことがある人なら知っているでしょう。
反対に「強い」という意味はフォルテですね。
長い名前が次第に省略されて、今では単にピアノと呼ぶようになったのです。
クリストフォリが作ったピアノは、ドイツのオルガン製作家のヨハン・アンドレアス・シュタインやゴットフリート・ジルバーマンに引き継がれて改良されるようになります。
その後、1789年に起こったフランス革命以前は貴族だけのものだったピアノは、一般人にも広がっていくようになります。
一般に普及するにつれて、コンサートホールで演奏するための大きな音量と幅広い音域が必要になったのです。
そういうわけで、フランスのピエール・エラールが連打が素早くできるようにグランドアクションを発明し、フェルト製のハンマーをハープが発明したのです。
そうして、ショパンやリストの時代には82鍵になり、ピアノで演奏できる音域が広がってきます。
リストはこの音域を駆使して作曲しました。
さらに19世紀になると、アクションや音域はもっと改良されて高性能になりました。
19世紀頃には鉄骨製のフレームも使用されるようになりました。
アップライトピアノが作られたのもこの頃です。
第一次世界大戦が終了した頃から、ヨーロッパのピアノメーカーなどにより、88鍵が音域のスタンダードとなりました。
明治33年(1900年)には、日本国内初のピアノがヤマハによって作られ、昭和3年(1928年)にはカワイのグランドピアノができ上がりました。
ピアノははじめから現在のような作りや形だったわけでなく、いろいろ研究され、改良を重ねていった結果でき上がったのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ