旧式のピアノや壊れたピアノは買い取り可能?

自分の持っているピアノが、壊れていたり旧式のモデルだったり、かなりの年代物だと、はじめから売れるわけはないと考えてしまって、不用品回収などで処分してしまおうとするケースがあります。
でも、ピアノは重くてかさばりますし、捨てるにしても料金が高くなることが多いのです。
ところが、実際には旧式のピアノでも、壊れていても買い取りしてもらえる場合の方が多くなっています。
目安的なことをいうと、作られてから30年経っていないピアノは査定金額が付くことが多く、たとえ買い取りできなくても、捨てるための引き取りはあまり高くない値段で応じてくれるピアノ買い取り業者も中にはあるのです。
新しめの中古ピアノであっても、大きなへこみや傷があるケースでは、買い取り金額が大幅に下がったり、もしくは買い取り不可能になることもあります。
ところが、傷がさほど目立たないくらいだったり、壊れている鍵盤がある場合や、音程がズレてしまっている程度なら、これらが原因で査定額が大きく変動することはないでしょう。
それというのも、オーバーホールやメンテナンスにより元の状態にかなり近づけることができるからです。
このようなわけで、はじめから自分で買い取り不能だと決めつけずに、複数の業者に買い取り査定を依頼して、引き受けてくれるところを探すと良いですね。
買い取り業者によって取り扱えるかどうかもずいぶん違いますし、査定金額も違います。
なるべく高く買い取りしてもらえる業者をさがすと良いですね。
ピアノはもともとが大変高価な楽器ですから、良い状態であればかなりの値段で売却可能です。
お得に買取りしてもらうためにも、きちんと複数業者に査定してもらってから、最終的に無理だと分かったときに最良の方法で処分しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

引っ越しの時のピアノ買い取りはどのようにする?

引っ越しの時には目の回るような忙しさです。
荷物の整理はもちろんのこと、業者とのやり取りも、引っ越し業者だけでなく、ピアノを買い取りに出すならその業者とのやり取りもあります。
ピアノの査定や送料についても充分に下調べしておく必要があります。
引っ越しの際は何かと入り用ですから、なるべくお金をかけずにしたいですね。
このようなときは複数の業者の値段を比較すると良いのです。
引っ越し自体も業者によってさまざまな価格で行われています。
引っ越しのときには、テレビのコマーシャルで良く見掛けるなどの簡単な理由で選ばずに、複数の業者からの見積もりを比較してなるべく安価に引っ越しできるようにするとベストです。
万が一、費用面がネックになってピアノを新居に移せない場合、引っ越しにかかる総額を下げるために、ピアノを買い取りに出すことを考えると良いでしょう。
ピアノを運ぶのをやめて売るだけで、引っ越しのトータルコストは大きく下がりますし、もしかすると引っ越しの費用分のお金で売れてしまうことだってあるでしょう。
引越祝いをくれるような業者も中にはあるそうです。
ピアノは移転先の住居環境に大きく左右されますから、設置できない場合には手放すしかありません。
集合住宅で騒音に関して厳しい地域であったり、設置スペース的な問題など、ピアノを引っ越しできない理由は何点かありますが、引っ越しに関しては事前に以上のようなことをきちんと調べておく必要もあるのです。
いざ引っ越しの時にピアノを買い取りに出すなら、査定額をアップさせるために留意する点が何点かあるので、あらかじめインターネットなどで下調べしておきましょう。
少しの手間をかけるだけで、査定額がグンと変化しますよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

引っ越しの際、ピアノの処分はどうする?

ピアノのあるご家庭が引っ越しをするときは、引っ越しに際してピアノを処分するかどうかで迷うこともあるでしょう。
引っ越し先が「ピアノ不可」の物件だったり、あまり弾くこともなくなり、送料が馬鹿にならないなどが分かったときは、処分を検討するのではないでしょうか。
ピアノを処分するときには、多くの自治体では粗大ゴミとして扱います。
思い出深いピアノがただのゴミになってしまうのですね。
業者に処分を依頼するケースでも、引き取りから処分するまでの費用はただでも、運送料は自分で払う場合が多いです。
「ピアノ無料引き取り」という宣伝文句を鵜呑みにせず、内容をきちんと調べておいた方が無難です。
そういうわけで、ピアノを処分するときには料金面はきちんと確認をするようにしてください。
でも、やっぱり、ずっと自分が使ってきたピアノを捨ててしまうのは悲しいですよね。
このようなときには、買取りしてもらって誰か別の人にオーナーになってもらうという方法もあるのです。
そうは言っても、買い取りにも悪徳業者はつきもので、ほとんどただ同然の値段で買い取り、別の人にこのピアノを高く売りつける会社もあるようです。
たまたまそんな業者に買取りしてもらったら勿体ないですよね。
自分の愛着のあるピアノの真価を適正に評価してくれる業者に買い取ってもらい、新しいオーナーに弾いてもらいたいでしょう。
そういうわけで、買い取りに出すときには、中古ピアノの相場についてきちんと把握しておく必要があります。
相場は何ヶ所かで査定してもらえばすぐに知ることが可能ですから、面倒くさがらずに最低でも3つの業者くらいに査定してもらうと良いですね。
引っ越しというのは何かと多忙で、急いで捨ててしまいたくなることもあるでしょうが、手放してしまうまではちゃんとピアノの面倒をみてあげましょう。
それから、査定するときには、きれいに掃除してあるピアノだと買取額がアップしますから、大変でも隅々まで清掃してから写真を撮影して紹介するようにしてみると良いでしょう。
引っ越しに関しては何かと入り用でしょうから、ピアノを売って現金化することで何かと助かることもあるでしょう。
電子ピアノに買い換えても手元にお金が残るケースもあるでしょうから、単に捨てるのではなくて、ピアノの売却という方法があることも覚えておいてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

引っ越しでピアノの売却を検討する

ピアノを売却しようとするきっかけはいろいろあるでしょうが、なかでも引っ越しを契機にしてピアノを処分しようと考える人が多いでしょう。
引っ越しに伴うさまざまな事情によって、今まで同様にピアノを所持できなくなります。
一例を挙げれば、引っ越し先が集合住宅で近所迷惑になりそうな住宅環境であるとか、忙しくてピアノを弾く時間が取れなくなりそうだとか、ピアノを設置するスペース的な問題などです。
さらに、結構大きな問題になるのがピアノの移動料金です。
近隣の引っ越しならまだしも、遠方に移転するとなると、運送費が馬鹿にならない金額になります。
上層階への搬入にはクレーンなどで持ち上げなければいけませんから、かなり大がかりな作業になり、費用がかかるのは仕方ないかも知れません。
移動にかかる費用が高いことが分かると、それならばこの際買い取りに出してしまおうと考える場合もあるでしょう。
ピアノの移動料金は、距離などにもよりますが、約数万円から10万円ぐらいが一般的な金額です。
さらに、引っ越しに際しては、純粋な移動費用だけではなくて、前後にピアノのクリーニングやメンテナンス、調律などを行う必要がありますから、総額では数十万円ぐらいかかってしまうことも珍しくないのです。
引っ越し先でも今まで同様にピアノを弾くことが分かっているのならば、引っ越し代は致し方ないかも知れません。
しかし、あまり弾くこともなくなっていて、引っ越し代が高く付くと思うのならば、いっそのこと買い取りに出してしまうのがより良い選択でしょう。
ピアノを売ったお金で電子ピアノに買い換えて、ヘッドホンを使って時間帯に関係なく思いっきり練習できるようにする人もたくさんいます。
電子ピアノは、大人の人が趣味でピアノをするには充分なのですが、子供にピアノを習わせている場合には、できれば電子ピアノではなくて生のピアノを演奏させてあげた方が良いでしょう。
鍵盤の数やペダルなどの環境が整っている方がベストだからです。
しかし、これも事情によりけりですから、ご家庭の事情に合わせてふさわしい方法を選択してください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ピアノ買い取りの査定金額をアップするためには?

ピアノをどうしても処分しなければいけないときに、粗大ゴミにしてしまうのは非常に可哀想ですよね。
そのようなときには、買い取りに出せば良いのです。
ピアノ買い取りでは、見積もり査定をして、ピアノの状態にふさわしい値段で買い取りしてくれます。
ピアノの状態にふさわしい値段で取り引きしてくれるということは、コンディションが良ければ査定額がアップするということです。
ここでは、ちょっとでも査定額をアップさせるために必要な状態作りの方法について紹介しましょう。
■まず第1に掃除すること
ピアノの状態で一番目に付くのは外見です。
手放す前のピアノの音色のことなどの専門的な部分にまでは、じっさいに自分でメンテナンスはできませんから、外見を磨くことくらいしかできないのが本音でしょうか。
いくら長い年月使っていたピアノでも、丁寧な使い方をして美しい状態を保っていれば、それだけ査定額はアップするのです。
これはどんな業者でも同様です。
いつも掃除を心掛けていると、こんなときに違いを実感することになるのですね。
■付属品の有無について
2番目に確認したいのが付属品の有る無しです。
付属品の中には、マニュアルや保証書(期限内のもの)、補助ペダル、鍵盤用のフェルト製カバー、付属の椅子やトップカバーなどです。
このような付属品がセットになっているほど、査定金額は高くなるので、なるべく探してまとめるようにしましょう。
■最後は、複数の業者から見積もりをもらうこと
最後に、見積もりは1つの業者だけで終了してしまってはダメです。
とても重要なことなのでしっかり頭に入れておいてください。
理由は、ピアノの買い取りなどは、業者ごとに得意なモデルやメーカーなどがはっきりとしていて、それらの知識をもとに見積もりしているからです。
自分のところの得意とするモデルやメーカーであれば、高めの査定額を出してくれるところも多いのです。
反対に、得意とするメーカーなどではなかったら、査定額は低いということです。
買い取り店は、買い取った後のピアノを販売しますが、独自の販売ルートで流通させます。
需要が高く売りやすいモデルやメーカーはなるべく仕入れたいので、査定額がアップしやすいのです。
結局、お店の基準により、ピアノの査定額はかなり変動するということです。
たった一度の査定だけで、自分のピアノの真価は分からないのです。
もっと良いところがないか調べることが重要なのです。
しかし、1つ1つ自分で探すのは手間や時間がかかりますし、自分が納得できるまで何社も査定してもらうのは大変でしょう。
このようなときには、一括査定サイトを利用すると良いでしょう。
手持ちのピアノに関する情報を一度入力してしまえば、複数の業者からの見積もりを取ってきてくれますから、だいたいの相場を理解できてとても便利です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ