ピアノのメンテナンスの方法とは?

定期的にお手入れすることで長く使える楽器がピアノです。
万が一売却するにしても、メンテナンスが行き届いた状態が良いピアノの方が高額で査定してもらえます。
なので、お手入れはきちんと行っておいた方が良いのです。
ピアノのお手入れは、業者に頼んでやってもらうものと自分でできるものがあります。
【自分で行うメンテナンス】
■掃除をする
一番基本的なものは掃除です。
表面の汚れは、柔らかい素材のものを使って落とします。
市販の楽器用に作られた布もありますし、クリーナーやハンディモップで丁寧に拭き取ってください。
なかでも油汚れは時間が経過すると落ちにくくなってしまうので、こまめに掃除すると良いでしょう。
■温度・湿度の管理
ピアノは木や皮で作られていますから、設置場所の温度や湿度の変化によっても状態が悪くなります。
ピアノに良い環境は、気温は15から25度で、湿度は50から70%です。
なので、お天気の日には換気してあげると良いのです。
■換気をする
ピアノの屋根は閉じておくことが多いでしょうが、このままだと風通しが悪くなってしまいます。
虫がわきやすくなってしまいますから、ときどき換気してあげることが大切です。
換気はお天気の日にするようにしましょう。
■音の管理
音の管理といっても、調律をするわけではなくて、すべての鍵盤の音を出してあげることです。
毎日ピアノを弾いていたとしても、よく使う鍵盤とあまり使わない鍵盤とでは、状態が変化してしまいます。
あまり使わない鍵盤は傷みやすいので、定期的にすべての鍵盤を押すようにしてください。
ときどきすべての鍵盤を押してあげるだけで、ピアノをグッと長持ちさせることができるのです。
【業者に依頼するメンテナンス】
■定期的に調律する
調律は基本中の基本です。
半年から1年に1回程度、調律師に頼んでピアノの調律をしてもらいましょう。
ピアノは天然の木や皮からできていますから、環境が変化したり経時変化で音にずれが生じてきます。
ピアノの弦の1本にかかる張力は約90キログラムといわれ、ピアノ全体ではなんと20トンの張力がかかっているのです。
いくら大型の機械でも、このような力を長い間維持することはできません。
なので、定期的にお手入れすることは大切なのですね。
■オーバーホールについて
ピアノの部品を新品に交換する作業のことをオーバーホールと呼んでいます。
交換する部品は、弦やハンマー、ダンパーフェルト、調律ピンなどを含みます。
オーバーホールすることで、ピアノを買った当時の音に近づけることができ、音色が美しくよみがえりますが、本体部分は経年変化は生じていますから、わずかな音の違いは出てしまいます。
■クリーニングする
外部だけでなく見えない内部まですべてクリーニングしてもらえます。
外部のクリーニングでは、傷があれば補修してくれる場合もありますし、全体をワックスで磨き、ペダルのくすみ取りなどをしてもらえます。
内部のクリーニングでは、ピアノを分解して中に入ったゴミや埃を取り除き、再び組み立てをしてもらえます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です